免許って不安がつきもの

自動車教習所で私は小学校や中学校や高校の時の同級生と教習所で会いました。
教習所へは高校卒業してすぐ、車の免許をとるために通ったので同級生があふれかえって学校状態でした。
MT車でとったので私は運転のコツがAT限定より難しく最初車に乗り込んですぐエンストしました。
ハンドル右と左どっちに回すとどっちに行くかも頭の中で想像しましたが全然わからずに、教習所の先生はブレーキばかり踏んでる状態でした。
そこで思ったのですが、教習所の先生はなんとかわかりやすく説明してくれますね。
すごいと思いました。
1時間終了すると2階で見ていた私の友達がすぐかけよってきて、お前が何番の車に乗ってるかすぐわかるって笑いながらいってきてました。
私はそんなに運転が下手なのかと落ち込んでました。
みんなが先にどんどん仮免許合格していくうちに焦りを感じ、仮免許3回落ちました。
教習所によって違うみたいですが、確認とか点呼がそれぞれ違うようです。
その中でも私が通った教習所は厳しく点呼なども多く難易度が高いようです。
私は不安でしたがなんとか仮免許合格し本免許は1発でとることが出来ました。
自動車保険 安い

エスティマ

娘たちが小学生の頃、
我が家では毎年夏休みになるとキャンプに出かけていました。

その頃
一家4人がゆったりと遠出できるようにと買い換えたのが
パールホワイトの「エスティマ」でした。

特に次女が大層気に入っていたので
最初の頃は出かける用事がなくても
助手席に乗ったり降りたりを繰り返していました。

小さな体で、ドアにつかまりながら
やっとこさ乗り込んでいた姿が今も思い出されます。

運転は主人で、その横の助手席には私、
そして後ろ全部を平らにして娘二人が
ゴロゴロと遊びながらキャンプ地までの時間を過ごしていました。

不思議なもので狭いとモメたりしないのですが
広いと
「ここからこっちは入っちゃダメ」などと
必ず姉妹でケンカが始まるのです。

かと思えば、夜の車中泊になると暗くて怖いせいか、
ちゃんと仲良く並んで寝ていたことも思い出です。

今でも出先で撮った
エスティマと夕日をバックにした写真が
部屋に飾られてます。

後に主人はエスティマを手放したのですが、
次に下取りして乗った方が
事故を起こして廃車になってしまったのです。

それを聞いた次女は
「私の大事なエスティマだったのに・・」
と、本当に淋しそうな顔をしてたのが印象的でした。

あれから十数年、次女は今、普通の乗用車を運転していますが
「いつかはエスティマに乗るんだ」と言っています。

娘たちにとっては
ただのエスティマじゃなく
大切な思い出の詰まった車だったんだと改めて思いました。
自動車保険 おすすめ 最安