クルマについて思うこと

車があったらいいなとは思う。でも今の自分の状況を考えたらちょっと金銭的にありえないからそれはただのちょっとした空想みたいなもので、強い望みとかではまったくない。ただの憧れだ。

車に乗るには当たり前だけど運転免許がいる。僕は年齢的にはもうそれを取得できる年だ。最近になって初めて自分の母親が運転免許を持っているということを知ってちょっと驚いた。いわゆるペーパードライバーというやつだ。運転免許は資格や身分証明書的な役割も果たすからそういう意味でも高いお金をかけてもとっておく価値があるという考えだったのだろうか。

車は買う前にも買ったあとにもお金がたくさんいる。詳しくは知らなくとも、そういうものだということは誰もが口にしている。だとすれば、やはり余程の必要性を感じるのでなければ購入なんて考えるべきではないと思う。車を買えば人は幸せになれるというのならいいけど、そういうことって実際にはほとんどないんじゃないかな。憧れにつられて買うには、車はリスクがあまりに大きい。

でも憧れだけで言うと僕がいいなと思うのはフォルクスワーゲン・ゴルフだ。僕はそれをまずある本によって知り、次にたまたま現物を見て知った。いつか車を買うとしたら、僕はきっとそれにする。いつかそんな時がくればいいけど、まぁきっと来ないだろう。

未来の事は、だれにもわかりはしないけど。