わが街に自転車専用通行帯ができました

私はよく自転車であちこちと移動することが多いのですが、住んでいる街には狭い道路が多く、いつも走りづらい思いをしています。交通量の多い街道は昔の狭い道幅のままなので、端に自転車がいるだけで車の邪魔になってしまいます。自分はルールどおりに車道の左端を走っていて何も悪くないのですが、何故だか肩身の狭い思いをしながら自転車を走らせねばなりません。道幅の広い道路もあるのですが、決まって駐車車両が道路の端をふさいでいるために、結局は走りにくいのです。

少し前のことですが、駅前から延びるメインストリートにわが市で初めて自転車専用通行帯が設置されました。自転車専用通行帯は道交法で「軽車両以外の車両が通行してはならない車両通行帯」と定められているもので、専用レーンは青く塗ってあり、自転車専用通行帯である旨が道路標示や標識で示してあるものです。

「これからは、少なくともこの道だけはストレスなく自転車で走れるぞ」と思ったのですが、それも束の間でした。自転車専用通行帯の青いレーン上には複数の自動車がドッカリと止まっているのです。これでは設置前の状況と何の変わりもありません。

しばらくして警察は立て看板を作ったのですが、そこには「自転車専用通行帯は駐車禁止です」と書かれていました。ドライバーであれば「『駐車禁止』ということは、停車は可能ということ」と解釈します。そのせいで、ウインカーを出してごまかしながら駐車する自動車が絶えることがないのです。本当は停車も含めて通行禁止のはずだと思うのですが、本当にこれで良いのか、警察の人に一度訊いてみたいです。