退職したらやってみたいこと

知人のお父さんは自動車メーカーで長年働いて見えました。
勤続40年以上、その間に何度も思ったことがあったそうです。
「他社の車に乗ってみたい…」

自分の会社の車が嫌いなわけではないけれど、ライバル社の車に乗ることは当時はなかなか難しかったようで、他社で発表される新車にを奪われたことは何度もあったようです。
、レンタカーを借りる時でも、なんとなく自社のものを選んでしまいがち。
自社の車種がないとほっとする半面、ちょっと後ろめたさを感じながら乗っていたそうです。

そんなお父さんも数年前に無事、定年退職となり、セカンドライフを楽しんでいるようです。
長年抱いていた「他社の車に乗ってみたい」の夢がかない、今は好きな車に乗っているそうです。
購入するまでに何度も、何社もディーラーを回り、現在の車種にしたそうです。

退職前までは家族で所有する3台の車はすべて勤務しているメーカーの車種で統一されていましたが、今は全員が違うメーカー。
しかも勤務していたメーカーではないそうです。

しかしこだわりとしては国産メーカーの車の購入。
メイドインジャパンを愛しているそうです。

そろそろ車検だな

今乗ってる車が来月でまる11年になるんです。
車買った時はまさかこんなに長く乗り続けるとは思いもしなかったけど、
他に予算に合う乗りたい車も無いし、何だかんだ愛着もあるし、もう一回車検を受けることにしました。
その次の車検は受けずに乗り換えるつもりだけど、さてどんな車にするか。
これが問題ですよね。
予算は安ければ安いほど良いけど、独身だしそんなに大きな車も要らない。
かといって軽自動車にするのも違うな…。
なんて色々悩んでいるわけですが、最近は自動車税の安さから軽自動車に惹かれる気持ちもあります。
今の車の自動車税が4万円弱なので、軽自動車にすれば3万円程浮きますしね。
それに今の車は燃費がいいから、それに比べると私の車の燃費の悪さも気になりますし。
最近計算したらリッター8kmちょとでしたし、もともと9kmくらいだったのが更に悪くなってる。
ガソリン代も高騰しているし、今リッター20kmなんて当たり前の世の中だし、すごく損をしている気がする。
それにハイオク車なので余計に損してるんじゃないかって思えてきます。

次に乗りたい車の条件としては、
・好みのデザインである
・燃費はリッター20km以上である
・1500cc以下である
・4(5)ドアである
・合計200万円以下である(安ければ安いほど良い)

この辺りで検討したいけど、初めに挙げた好みのデザインであることがかなりネックになってくる。
デザインさえ気にしなければこの程度の条件は軽くクリア出来るのだけど、ただの移動手段とは思っていないので
どうしても欲しい車(買える車)に巡り合えないのです。

1500ccクラスの車ってどれも似たりよったりなデザインですよね、残念。
そろそろお洒落なデザイン出ないかな。

家のポンコツちゃん

子供が大きくなり、車が必要になってきたので近所の中古車販売のショップへ出向きました。
そこではたくさんの中古車が並んでおり、どれも格安で販売されていました。
一括で払えるような安価な車を探していると、かわいいワインレッドの軽自動車が目に付きました。
あまりにも安価なので不安でしたが、予算もないので即決定。細かく調整されてから家にやってきました。
よく見たら細かい傷だらけでしたが、走行距離も少ないし、駐車スペースも取らないのでこれで十分です。
しかし購入してからというもの、ちょいちょい問題が発生しました。
ライトがつかない、ウインカーも付かない、ドアが完全に閉まらないなどなど。
そのたびに微調整をしながら大切に乗っていたので、しだいに愛着がわいてきました。
この車に乗って長距離旅行にでかけましたが、そういうときは全く不具合をみせず最後まで調子よく走ってくれます。
帰ってきたあとはキレイに洗って「よく頑張ってくれたね~」などと労いの言葉をかけています。
中まで掃除をしてあげると、車が喜んでいる雰囲気が伝わってくるような…?
いまでは新しい車を買う予算もありますが、しばらく乗り換えの予定はないです。

転職支援サービスで正社員の求人探し

自分に合った正社員の求人を探すにはどうすればいいでょう。よくある手段か、ネットの就職支援サイトや、新聞や雑誌を見ることです。最近人気なのが転職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーが転職希望者と企業を結ぶシステムのことです。無料で求人情報を紹介してくれるのも、嬉しいところです。アドバイザーは転職希望者の再就職を支援するためにいろいろなサポートをしてくれます。正社員の求人を探している人は是非利用するべきです。現在、仕事をしながら求人探しをしている場合には、転職活動を効率よく進めることができるのもメリットです。転職活動のためのカウンセリングを受けることで、これまでの自分の経歴がどこで生かせるかわかることもあります。面接などのアドバイスを受けることも可能です。企業側が広く公開することを臨んでいない求人などもあり、就職支援会社でそれらを教えてもらうこともできます。求人情報を非公開にする理由は、人気のある企業の仕事の場合、一般公開してしまうと応募に転職者が殺到する可能性があるからだといいます。ライバル企業に知られたくない企画のための求人という場合もあります。非公開の求人情報の中には、かなり高い年収のものもある可能性があります。転職希望者が正社員の求人を探す場合には、是非転職支援サービスを利用することをおすすめします。